ネットワークビジネスが「貧困女子」を救う!

目指せ!脱【負のスパイラル】
貧困という問題を解決する方法は・・・?

今、貧困女子という問題が深刻になっています。

【貧困女子】
読んで字のごとくなのですが、きちんと定義があるようです。

年収114万円未満
または
月の収入から家賃を引いて8万5千円以下

この数字の捉え方は、もちろん人それぞれだとは思うのですが、
自分に置き換えてみると、どうでしょう?

私は、ちょっと厳しいですね・・・(゚ノ´Д`゚)ノ゚

近年の「女性の非正規労働者の増加」も、貧困女子には辛い向かい風となっているようです。
働けど働けど・・・というやつですね。

20代女性の非正規労働者の場合
平均年収は200万円程度であり、これは男性正社員の約半分だそうです。

また、月収が手取りで10万円以下になった時も「貧困女子」となります。

あなたはどうですか?
貧困女子の枠には入っていないにせよ、近いものがある、とか。
身近に「まさに貧困女子がいる!」とか。

貧困女子は、思考も生活も貧困パターンに陥りがち

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」
という言葉がありますが、貧困女子には到底そのような気力はありません。

何かを目指してキラキラ輝いている、テレビのタイトルにさえなれる
「ボンビー女子」とは、ちょっと違うからです。

必死に働いて、きらきらどころか、毎日へとへと(´・ω・`)

私は20代の頃、ほとんどの時間を音楽活動に使っていたので
へとへと貧困女子きらきらボンビー女子の両方を、沢山目にしてきました。

アマチュア時代に出会った多くの貧乏音楽人たちは
(語弊があるかもですが、いいんです!若いバンドマンは貧乏で。)
きらきら輝いています。

好きなことをやっているので、当たり前と言えば当たり前。

でもその中に、明らかにいましたね。
貧困層が。これは女子も男子も、ですが。

でもなぜか、自ら負のスパイラルに陥っていたのは、
断然女子が多かったように記憶しています。

私の知る限りで、ですが。
貧困女子の特徴を挙げてみます。

[check]時間に追われ過ぎて余裕が無い
[check]その割に今の生活にしがみついている(家や仕事など)
[check]諦めのセリフをよく口にする

というものがあります。(注:あくまでも私目線です)

こんな感じの人、結構多くないですか?
貧困女子は、もちろんお金の事もありますが、
「思考が貧困女子」タイプの人も要注意です。

こうした潜在的な貧困女子は、
目に見えていないだけで、実は世の中に溢れているかもしれません。

ネットワークビジネスで負のスパイラルから脱出する!

さあ、ではどうするか考えなくてはなりません。
若いうちはまだマシです。
昼も夜も働く気力・体力があれば、とりあえず貧困生活からは遠のきますから。

ですが、そんな生活、長くは続きません。
たとえ今は何とか生活できているとしても、今のままとは限りません。

将来的に年金や社会保障について不安がある今、
若いうちから自分の将来について考え、何かしら対策を練るべき時代なのです。

脱!「貧困女子」という負のスパイラル o(・ω・´o)ファイト!
自分の手で、安心して生きて行ける力を身につければいいんです。

~生涯に渡って継続的に収入を得る方法を獲得する~

そのノウハウをゲット出来るとしたら、あなたはどうしますか?
興味のある方は、ぜひ詳細をご覧ください。↓↓↓

脱!負のスパイラル

もう貧困女子からは卒業しましょう

継続収入を得られるようになるまでには、それなりに時間がかかります。
しかし、こう考えてみてください。

~今日一日の努力が、将来の自分への贈り物になる~

今日出来た事は、明日も出来るはず。
3日続けられれば、一週間続けられるはず。
1ヶ月、3ヶ月、半年・・・
そうすると、習慣になります。

さぁ、「貧困女子」の生活スタイル・思考癖を捨てて、
まずは一歩、踏み出してみませんか?

jouhou1-[1]

auto-1lEkve.png