「普通の主婦」が在宅でのネットワークビジネスを選んだワケ

こんにちは!
はじめまして。
桜井美和といいます。

私は東京都在住の主婦で、夫と小さな娘との3人家族です。

今は日々娘との時間が大半を占める生活の中で
喜び・戸惑い・驚き・感動など、一喜一憂しています。

そんな普通の主婦の私ですが…
若い頃は音楽に青春を捧げ、バンド活動に没頭していました。
知っている人は知っている、知らない人は全然知らない
その程度の(?)バンドのボーカルをやっておりました。

普通の主婦・昔はバンドマン♪

レコード会社とのいざこざでメンバーの士気が下がり、
リーダーの「解散しよう」の一言でバンドは解散。
未練はなくはなかったけれど…
普通では経験できないような事を沢山させてもらえたので、結果オーライ。
(基本、超楽観的なタイプです)

その後は普通に働いて、数年後に最初の結婚。
しかしとんでもない試練が。

大きな試練を2つ乗り越えて

ある日、旦那さんが喉に違和感を覚え病院に行くとすでに「末期癌」。
なんと宣告されてから1年足らずで他界。

大変な治療の甲斐なく、という感じでしたが、ここは割愛します。

今、思うんですよね。
当時、ネットワークビジネスを知っていればな~」って。

ネットにさえつながっていれば面会時間中にもできた。
何よりもお金の心配がだいぶ減ったはず。

もちろん旦那さんの命が一番大事!
でも時にはその命を救う唯一の手段がお金になる事もある

保険には入っていましたが、あっという間にお金はなくなる。
本当に一瞬です。
命をお金でつないでいる。
そんな感じでした。

同じ病室の方が
「自分の兄も癌になり、治療に数千万かけたが半年で亡くなった」
という話を聞いて絶望的になったのを覚えています。
そんな話するなよ…
と思いましたが、その方もまた末期癌での入院で。
やり切れませんでした。

毎日お見舞いに行っていると、健康な人間も弱ってきますよね。

仕事はしていても、面会時間に病院に行けば自分の時間は皆無。
通勤時間・勤務時間等計算すれば、あの時ネットワークビジネスに出会っていたかった。

なんだか暗い話になってしまいました。(すみません)

今では幸運にも二度目の結婚をして、冒頭に書いた通りの新米母さんです。

すくすくと日々成長する姿を見せてくれている娘ですが、出産までは大変でした。
妊娠26週に妊婦健診に行ったところ切迫早産と診断され、そのまま緊急入院。
ちょっと早めの出産まで、なんと約3ヶ月の入院を余儀なくされました。

24時間点滴につながれ、とにかく安静に。
最初は、気が狂いそうでした。
何よりもお腹の赤ちゃんが心配で心配で。

普通の主婦・新米母さん♪

でも、少しずつ時間がたってくると、すご~く暇なんですよね。
入院中、何冊の本を読み、何本の映画を観て(初のkindleお役立ち)
何問のクロスワードパズルを解いたか知れません。

そう、今また改めて思うんですよね。
あの時ネットワークビジネスに出会えていればな~って。

そして在宅ワーカーの道へ

そして今、ネットワークビジネスに出会えたわけですが。
私は自分を相当幸運だと思っています。

少しでも長く娘と一緒に過ごしたい私にはうってつけですから。

  • 自宅で
  • 空き時間で
  • インターネットで集客できる

望んだ通りの仕事、みーつけた!という感じでした。

普通の主婦が選んだ仕事

しかし!!
「楽して稼げる」わけではありません。
私はそもそも在宅仕事を探していて、ネットワークビジネスに辿り着きましたが。
まぁ出るわ出るわ
簡単・楽・誰でも などなど
ホントにぃ~?と、疑いたくなるような言葉が。

そこで私は、自分の中である条件をつけて探すことにしました。

  • 簡単でも何でも、必ずやるべき作業があるはず。それはどんな事?
  • 誰でもできるのなら、スキルも人脈もない人でもできるはず。どうやって?
  • サイト制作者が女性であること(←これは特に重要視しました)

これを条件に、ネットワークビジネス関連のサイトを読みまくりました。

じっくり時間をかけて正解でした。

探した先に私が見つけたものは
素晴らしいチームであり、
新しいネットワークの手法であり、
最初に頑張って仕組みを組み立てられれば権利収入になるという事実。

私は、ネットワークビジネスは決して
楽して、誰でも、簡単に
できるものではないと思います。

未来の自分のために今日少しの努力ができる人」に向いていると思います。

ちょっとかっこいい表現になりましたが、
将来楽するため。
私はこう思いながらやっています♪

何歳だって、遅いなんてことはありません。
私もアラフォーになって、自分の、家族の将来のために走り出しました!
あなたも一緒に、ご自分の可能性にかけてみませんか?

jouhou1-[1]
画像の説明