新しいネットワークビジネスはSNSから広がる!

「ドネーション」という言葉をご存知ですか?
ドネーション=寄付のこと。
そして今「ヘアドネ―ション」が広がっています。

へアドネーションとは、小児がんの治療(抗がん剤)によって髪の毛が
抜けてしまった子どもたちのために、医療用ウィッグを提供するものです。

賛同美容室もどんどん増えていますが、どこの美容室でもOK!
へアドネーションのための正しい切り方をしてもらえれば、あとは持ち帰って送るだけ!

私はへアドネーションを知った時、そろそろ髪を切ろうかな~と思っているところでした。
が…このへアドネーションを知ったら、そうは言っていられず。
切りたい切りたい切りたい~~~という思いを我慢して約一年後、先日切って参りました!!

hairdonation

すっきり さっぱり 頭が軽い(*´∨`*)
これからまた髪を伸ばせるか分かりませんが…
また機会があればぜひやりたいです。
ちなみに、カラーやパーマの髪もOKなんです。

このへアドネーションですが、
どうやって広がり続けているかというと、
インターネット・特にSNSの普及により、だそうです。

私も知ったきっかけは友人のSNSからでした。
また、その友人もへアドネーションしたきっかけはSNSだったとか。

SNSの利用法としては、かなり理想的な広がり方をしているへアドネーション。
どんどん拡散していく事を願い、ここにも書かせていただきました。

littlegirl

へアドネーションは、髪の毛を提供する側も寄付。
また、その寄付された髪の毛で医療用ウィッグを作り、
子どもたちに提供するのも寄付。

最初から最後までドネーション。素晴らしい♪

この「ドネーション制度」ですが、ウィッグだけにとどまらず、
日本でも実は色々な場面で広がりつつあるんですよ。

例えばライブ。
チケット代〇〇円、というのではなく、演奏を聴いた人が自分で代金を決めて払う。

ストリートライブなんかは、昔からそうですよね。
私も昔は色んな場所でやってましたが、ギターケースにチャリーン♪と
投げ銭してもらうと、かなり嬉しかったのを覚えています。
一度、なかなかイカしたオジサマが
「俺も昔バンドやってたんだよ、これで旨いもんでも食え」
と、一万円札を入れてくれたのが非常に印象に残っています。

音楽など、無形なものを提供されて、その値段を自分で決める
という形、日本人は苦手と言われています。
欧米ではそもそも「チップ」があるので浸透しやすいんでしょうね。

今回私が実際にやってみたへアドネーション。
SNSの広がりによって拡散されつつある、非常に有益な情報だと思います。

そしてこのSNSが、実はMLMの商材としても誕生しているんですよ。
すでにSNSをしている方、新しいMLMに興味のある方、必見です!

新しいネットワークビジネスを知りたい方はどうぞ

日々変化するビジネスチャンスを要チェック!


私がオススメするネットワークビジネスには理由があります。

jouhou1-[1]

資料請求02